違いは色だけじゃない。田口塗装の施工前と施工後

塗装前の写真と塗装後の写真を見比べると、とても同じ家とは思えないほどの変貌です。この違いは、色を塗り替えただけじゃありません。経年劣化の補修と、丁寧な下地調整・下塗りからの塗装の賜物です。

施工前


施工後


屋根の経年劣化はかなり進行しており、とくに棟押さえ板の錆が著しく、塗装が可能かどうか判断が必要でした。高圧洗浄後に点検したところ異常は見られず、下地調整と錆止めからの通常工程となりました。

施工前


施工後


外壁その他モルタル部に、ひび割れが見られました。当社では、弾性エポキシ樹脂を中圧注入し、ひび割れ補修の後、塗装しております。上辺を塗り隠すのではなく、家を甦らせる田口塗装の外壁塗装です。

モルタルひび割れ


モルタルひび割れ


スムースエポでひび割れ補修

エクステリア工事を少々

塗装工事では有りませんがポストの交換工事を少々

既存のポストですと容量も少なく郵便物を取り出す際にも少々難有りでした。

既存ブロックを壊さずにポストだけ交換致しました。

容量も多くなり取り出し口も大きくなり今までの難を解消出来ました。

屋根の下塗りについて

カラーベストの塗り替えで下塗りについてです。

高圧洗浄後に塗る作業です。

乾くとこんな感じです。

経年劣化の状況によりカラーベストの吸い込みが酷いとこのような状況になります。

まるで塗ってないみたいになります。

このまま中塗り・上塗り作業と進んでしまうときちんとした仕上がりにはなりません。

従って、シーラー2回目を塗ります。

この位濡れ色になる位ですと吸い込みも止まりきちんとした仕上げが出来ます。

屋根補修の新商品!

タスペーサーで御馴染みの株式会社セイム様の新商品の講習会に行ってきました。

カラーベストの割れた箇所への補修材、タスマジックです。

従来の施工ですとコーキング処理がメインでしたがこのタスマジックを使うと浸透型で中まで材料が浸透していくみたいです。

触ってみた感じですが非常に強度が有ると感じました。

塗装しても多少の跡が残る程度でしたのですぐにでも現場で使えると思いました。

今までの補修方法として少し曖昧な部分があった箇所ですのでこういう画期的な商品はすぐに現場にて実践してみたいと思いました。