遮熱塗料の機能・性能と下塗り

屋根遮熱塗装のお客様からアンケート

とても説明が丁寧でわかりやすく、しっかり仕事して頂けそうという印象でした。今回は私たちの興味のあった「ガイナ」という塗料を扱ってないということで、見送らせていただきました。早い段階で方針を決められたら良かったのですが、長々と迷っていて田口さんにも申し訳なかったです。
不成約だったお客様からのお声です。当社のプレゼンテーションや誠意は最高の評価をいただいたのですが、ご希望の遮熱塗料の製品を当社が扱っていない点で、他社様に依頼したということでした。

遮熱塗料の特性と機能について

ご指定の遮熱塗料は、中塗り材に中空マイクロビーズを混入し、断熱性能を高めた製品です。宇宙ロケット発射時の耐熱という特殊な環境下に使うためで、建築用塗料に必要な長期にわたる、耐候性・耐汚染性を求めた技術ではありません。

当社がこの遮熱塗料を扱わない理由は、専用のプライマー(下塗り材)がないこと、水性塗料であることです。
近年は塗料の性能も進化していますが、当社の長年の経験から耐久性の面で屋根塗装に水性塗料はお勧めしていません。また艶有りに対してマットな仕上がりの塗料は、耐汚染性で不利であることも否めません。(マイクロビーズは艶消し用添加剤より粒子が大きい)

当社オフィシャルサイトのトップページにも書いているように、塗料の性能・耐久性は建材に塗布し塗膜となった時点のものです。缶に入った液体の状態は材料にすぎません。材料の特質が、そのまま塗膜の性能とならないのが塗装の特徴です。

遮熱塗料の耐久性能と下塗り材

とくに建材との密着性が塗料の性能・耐久性を大きく左右します。そのため下塗りが重要になります。経年劣化が見られる屋根には、浸透性・固着性に優れた下塗り材を使用して、下地を補強する必要があります。塗膜の耐久性は下塗りで決定するのです。
施工技術による塗膜の性能差も大きく、ご指定の遮熱塗料は微細なセラミック・ビーズが混入されているため、密着性と施工性に難点があるのも懸念材料です。一般に屋根遮熱塗装は塗り直しの際に行います。下地はかなり経年劣化が見られのが通常です。

当社施工例=棟押え鋼板部分は錆止め、カラーベスト面には浸透性の高い下塗り材、雪止めに非鉄金属用プライマーと、3種類の下塗りを施工しています。


当社が使用する遮熱塗料は、建築用塗料では国内最大手エスケー化研様の製品です。エスケー様の遮熱塗料は、住宅用に最適な遮熱性能と耐候性・耐汚染性を兼ね備えたものです。建築塗料の総合メーカーとして、仕上げ材に適合した下塗り材も自社開発しています。この点を信頼して、当社はエスケー化研様の遮熱塗料を採用しています。

お客様から絵手紙をいただきました


こちらのお客様は、昨年工事をいたしました。ご自身が習字や絵が趣味のようで、うれしい絵葉書を弊社宛てに送って下さったものです。お客様から労いのお言葉をかけていただく、ありがたいことです。絵も見ていて楽しいですね、思わず笑みがこぼれます。

低価格ではない、田口塗装の料金


誠実性・技術力・提案力・マナーなど全て最高評価、でも価格だけが予算より少し高かったとのご評価でした。実は田口塗装に対しては、こんな感じのお客様からのお声が多いのです。

多数のお客様が、まるで申し合わせたように似た評価を下さる。つまり、お客様の受ける印象が同じということです。お客様の気持に立って、大切な1棟1棟に責任をもち、誇りをもって仕事に取り組めば、自然に相手に伝わるものですね。
社員と社長の連携も評価くださいました。社長自らが手を下さなくても、社員たちが積極的にお客様のご要望に対応する。これこそが有限会社田口塗装のチームワーク・組織力です。
もちろん職人である社長の長い経験は田口塗装のベースです。それだけでなく、社員たちの貪欲なまでの知識欲と技術研鑽の努力は、ある面では社長を上回るほどです。

社員ブログでも日々の活動をご紹介していますので、ご覧ください。お客様の方から「有り難う」と言ってもらえる、こんな嬉しいことはありません。田口塗装は決して低価格ではないけれど、価格以上の価値をお客様に提供します。
塗りたてを見て「わぁ新築みたいに綺麗!」と言ってもらうだけでなく、5年後10年後に、頼んで良かったと満足いただける仕事を心がけています。これからもよろしくお願いします。

マンション大規模修繕・改修工事の受注競争と下請け

マンション建設・修繕と建築コンサルタント会社の関わり

かなり前に、マンション設計の構造計算書偽造事件がありました。そもそもの発端は建築コンサルタント会社による、鉄筋量を減らす事で建築費を浮かす助言だったはずです。
でも強度計算を偽った嫌疑により、一人の建築士が有罪になっただけで幕引きされました。その後に起きた大地震で倒壊するマンションがなかっため、いつの間にか忘れ去られた事件です。
いま多くのマンションが大規模修繕の時期を迎えています。ここにまた建築コンサルタント会社が商機を見出したようです。マンションの改修工事では、住民で構成される管理組合に専門知識がなく、計画立案も見積書の精査もできません。そこでコンサルタント会社が助言する形になります。

格安のコンサルティング料金で受注、リベートで利益を得る

(画像クリックで拡大表示)

実態は施工業者からリベートをとって、コンサルタント会社が営業活動をしているケースもあるようです。見かけ上は格安のコンサルティング料金で受注し、請負施工業者へ発注する際に、リベートを要求する。まともな監理も行わず、施工は業者に丸投げ。結果として施主は、ずさんな工事に割高な工費を払うことになります。

このごろ個人住宅の塗装でも、コンサルティングと称して、無料講座・勉強会・セミナーなどで集客し、言葉巧みに格安塗装を勧める業者が見受けられます。

依頼を受けて現地で点検調査すると、前回が手抜き塗装であった案件はかなりの率であります。大半は見かけ上の格安料金で受注し、下請けに丸投げする営業主体の塗装業者によるものです。実際に工事する下請けは、工費を叩かれるので、まともな工程では利益が出ません。

田口塗装はこのような事が起きないように、自社受注・自社施工を主としています。料金を値下げして無理に受注する事もありません。責任ある工事のためには、目の行き届く施工が大事なのです。

お客様のお声

私どもがいろいろと当社の心構えを説明するよりも、お客様の方が的確にお声で評価してくださいます。最近のお声をご紹介します。職人は口下手なので、仕事で語るしかない?
146tsama
147ssama
田口塗装は、ベテランも若手も社員一丸となり、誠意を持って仕事をしています。ホームページなんかで、ことさら強調しなくても、真面目に取り組んでいれば、お客様には必ず通ずるものですね。